評判の良い脱毛サロンへ!口コミやサービス・キャンペーンなどの評価を地域別に発表します。
TOP 脱毛はなぜ痛い?
脱毛はなぜ痛い?

脱毛で痛みを伴うことは、有名です。ではなぜ脱毛は痛いのでしょうか?

エステなどで使われている光脱毛や、医療機関でのレーザー脱毛は、毛の黒い色に熱が集まる仕組みですので、毛が濃いところは特に痛みを感じます。

また、色素沈着している部分も色素が濃いので光が集まって痛みを感じるわけです。

ですから、ムダ毛が濃い部位や色素沈着をしている部位はより痛みを感じるようになります。

脱毛器の性能も大きく影響し、外国製の脱毛器は、肌の白い外国人のお肌に合わせて作られていますから、日本人の脱毛に使うと大変痛みを感じます。

そのために、日本で使用する外国製の脱毛器は、十分な出力が出ないように、レベルを落とす改造をして使用しているケースが多いわけです。

レベルを落とすわけですから、その分脱毛効果の方も落ちてしまいます。日本人用に作られた、国産の脱毛器は、肌の色素の多い日本人向けに作られていますから、ほとんど痛みを気にしなくていいように作られています。

もちろん日本人向けに作られているので、効果も十分です。それでも痛みが気になる方は、ジェルタイプの脱毛機ではなく、保冷剤などで冷やして脱毛する脱毛器を使用しているサロンをオススメします。

ジェルを使うタイプは、光から出る有害な光を防ぐために使用しますが、有害な光が出ていない脱毛器は、ジェルを使用する必要がなく、保冷剤で冷やしながら光を出せば、それで安全に脱毛ができます。

冷やしながらなので、効果も落ちませんし痛みもほとんど気になることはありません。痛みが気になる方は是非、冷やしながらのタイプの脱毛器を使用しているサロンを選べば痛みも気になりません。

エリア検索